美容オイルのマルラオイルはオトピーでもつかえる

アトピー肌にも使える美容オイル!マルラオイルの魅力

 

乾燥が気になる人の保湿ケアとして、マルラオイルが脚光を浴び始めています。
以前は、保湿と言えば、化粧水にクリームもしくは乳液という流れが定番でした。
しかし、現在はクリームの代わりに美容オイルを用いたり、クリームの後に最後の仕上げとして美容オイルを用いたりするスキンケアを行う人も増えてきました。

 

 

はたして美容オイルは保湿ケアに有効なのでしょうか。
そして、美容オイルの中でもマルラオイルの保湿効果は特別高いのでしょうか。
マルラオイルをどのように使用するのが、保湿ケアにもっとも有効なのでしょうか。
これらの疑問についてお答えしていきたいと思います。

 

 

マルラオイルって何?

マルラオイルとは一体どのような美容オイルなのでしょうか。
南アフリカの砂漠気候に生えているマルラの木。
このマルラの木の実から抽出したオイルがマルラオイルになります。

 

南アフリカの環境は過酷です。強い紫外線を浴び続け、乾燥した空気に曝され続けます。
そのような環境にありながら、マルラの木は大きいものは9mもの高さまで成長します。
その強い生命力、そして自身の中に豊富な栄養素を蓄えることから、別名“神の木”とも言われています。

 

 

マルラオイルは、アフリカの伝統医療にも用いられてきました。
日本では最近注目され始めたマルラオイルですが、原産国の南アフリカでは、

 

マルラオイルのマッサージオイルやベビーオイルとしての効能が古くから評価されていたのです

 

マルラの木は非常に大きく成長する種ですが、
その木の実から抽出できるオイルの量はあまり多くありません。

 

 

オイルとして優秀でありながら、なかなか量が確保できない。
この希少性から“アフリカの植物油の宝”とも呼ばれています。
美容オイルとしては、希少であるがゆえに、価格が高くなりがちな点が欠点と言えるかもしれません。

 

 

マルラオイルの成分は、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、ステアリン酸、リノレン酸、トコフェノール、フラボノイド、プロシアニジン、カテキン、ビタミンC等です。

 

成分の大部分を占めるオレイン酸は、私たちの皮脂膜にも存在する油分です。

 

このことから、マルラオイルは非常に肌になじみやすい質感になっています。

 

そして、トコフェノール、フラボノイド、カテキン、ビタミンCなど豊富な抗酸化成分も多く含んでいます。

 

 

マルラオイルはオリーブオイルの40倍もの抗酸化成分を持つと言われています。 

 

さらに、抗ヒスタミン効果が期待できる成分、リノレン酸も含有しています。
なので、マルラオイルは保湿ケアだけでなく、アトピーや痒み対策、敏感肌の方にもオススメです。
『保湿化粧品でケアするならパーフェクトワンモイスチャージェル
さて、このような特徴をもつマルラオイルですが、
本当に保湿ケアに有効なのでしょうか?

 

お肌にとって潤いある理想的な状態とは、お肌内部に天然保湿因子やセラミドが豊富に存在し、角層に水分がたっぷり維持さしていて、皮脂膜が正常であることです。

 

保湿ケアとは、これらのセラミド、天然保湿因子、角層の水分、皮脂膜のどこかに働きかけることです。
どこに乾燥の原因があるかで、必要な保湿ケアは異なります。
しかし、乾燥が引き起こす二次災害を防ぐために、まずは乾燥により低下してしまうバリア機能を強化する必要があります。

 

バリア機能の強化には、お肌の一番外側にある皮脂膜の働きをサポートするために上質な油分を与えることが大切です。

 

マルラオイルは、さきほどもご説明したように、非常に人のお肌になじみやすい油分が主成分です。
お肌への浸透力が有るので、いつまでもギトギトして油が浮いているような不快感が残りません。

 

サラサラした質感です。

 

そして、マルラオイルは酸化や劣化に強いオイルです。
他のオイルにありがちな、お肌の上で酸化して刺激になったり、
水洗いしても落ちずにお肌にずっと残ってしまったり、
このようなことが非常に起きにくいのです。

 

 

マルラオイルは、お肌の上にスッとなじんで、優しくお肌を包み込んでくれます。
そして、お肌を外部刺激から守ってくれるのです。

 

さらに、抗ヒスタミン作用も期待できるために、
既に乾燥により敏感になってしまったお肌にも優しく保湿ケアを施すことが出来ます。

 

乾燥予防にはもちろん、
乾燥してバリア機能が弱ってしまったお肌を改善したい人、
乾燥対策をしたいけれど敏感肌が気になる人にもピッタリな美容オイルです。

 

マルラオイルの最適な保湿ケア

 

それでは、マルラオイルをどのように使用するのが保湿ケアに最適なのでしょうか。
乾燥肌対策としては、とにかく乾燥している時間を作らないことが大切と言えます。

 

お肌が乾燥すると、バリア機能が低下して敏感な状態になります。
そのような状態のお肌だと、痒みや赤みが出てしまったり普段使用している化粧品でも刺激になってしまったりします。
そして、刺激によって、ますます乾燥が進んでしまいます。

 

なので、乾燥を感じたらすぐに保湿しましょう。

 

乾燥している箇所にマルラオイルを1、2滴お肌に乗せて、上から手で優しく押さえるようにしましょう。
 
また、お風呂上りは非常に乾燥しやすくなっています。
お顔に化粧水とマルラオイルだけでも良いので、なるべく時間を空けずにスキンケアするようにしましょう。

 

そして、エアコンが効いたオフィスでの乾燥対策として、
メイク前には薄くマルラオイルをお顔全体に塗布しましょう。
そうすると、お肌の潤いを長時間保ってくれます。

 

 

乾燥肌対策に“これだけで十分”という秘策はありません。
しかし、上質なオイルとこまめなスキンケアを行うことで乾燥肌の大部分は改善できます。
最初は少し面倒かもしれませんが、慣れてくると無意識にやってしまうようになります。
徹底した保湿ケアを習慣にして、潤い溢れるプルプル肌を作りましょう